同じ場所に巣を作ろうとする?!蜂退治はプロに任せるのが一番

アシナガバチの蜂退治が必要な理由

アシナガバチに刺されると危険

暖かくなると子どもと公園などに行って楽しく過ごす方も多いはずです。活発に活動するのは人間だけではありません。蜂も同じく活動的になるのです。特に春・夏はアシナガバチなどに遭遇しやすくなります。家族連れの人は気を付けましょう。子どもや年配の人が蜂に刺された場合は、症状の悪化が酷くアナフィラキシーショックを招きやすい傾向があります。体力が低下しているときや、アレルギー体質の場合は注意しましょう。

毒以外にも被害が発生~柔軟剤の香りで蜂が来た~

アシナガバチ駆除を早めに行なわないと、刺される以外に次のような被害が発生します。

せっかく干した洗濯物が汚れてしまった(30代/女性)

洗濯物を取り込んでいるときに気付いたのですが、シャツに小さな黄み掛かった茶色のシミが付いていました。柔軟剤も使ってしっかり洗ったのに何コレ?と思って、インターネットで調べてみたのです。すると、蜂の糞であることが分かりビックリしました。柔軟剤の香りで集まるということも載っていたので、気を付けるようになりました。

アシナガバチ駆除はプロの力が必要

アシナガバチは同じ場所に巣を作る習性があります。巣を作っている最中に巣を失っても、再び同じ場所に巣を作ろうとします。駆除の際に生き残りがいると、巣の撤去後に再びやって来て巣を作り直そうとするため、蜂退治はアシナガバチ駆除などを行なっている業者に任せましょう。1匹残らず蜂を退治することが大事です。蜂は柔軟剤などの香りにつられて集まって来ることがあるので、駆除の前後はなるべく使用を控えましょう。蜂退治業者に任せれば、戻り蜂対策などをしっかり行なうため安心です。

TOPボタン