蜂退治と併せて行なうと良い、効果的な蜂除け方法

蜂を寄せ付けないことが一番効果的な退治

洗濯物を干すときや取り込む際に、柔軟剤や洗剤の香りに誘われて蜂が集まって来ることがあります。集まってきた蜂が、知らず知らずの内にベランダなどに巣を作っていることも少なくありません。蜂を寄せ付けないための工夫を見てみましょう。アシナガバチ駆除などを行なった後も取り入れると良いでしょう。

ベランダに蜂を寄せつけないために

虫除けネットを使用
ホームセンターやドラッグストアには虫除け用の薬剤が置いてあります。ベランダでは、物干し竿に下げるプレートタイプが使いやすいでしょう。物干し竿1本に対して用意するのは2つです。間隔を空けて吊るしましょう。使われている殺虫成分は、ピレスロイド系です。人体には無害なので心配要りません。プレートから空気中に殺虫成分が広く拡散することで、蜂が来ないようにしてくれます。
木酢液を吹き付ける
化学的に作られた殺虫剤に抵抗があり、あまり使いたくないという人もいるでしょう。蜂除けは、身近にある天然素材でもできます。ガーデニングをしている人や入浴剤に凝っている人はおわかりかも知れません。使うのは木酢液です。木酢液と水を同じ割合で混ぜると、木酢水ができます。これをコップなどに入れてベランダの隅3~4箇所に置いておくと蜂除けに効果的です。蜂や害虫は木酢液の香りを嫌います。もし気にならなければ、木酢液を原液で置いても良いでしょう。

蜂が集まるのを防ぎたいときや蜂退治をした後に、上述のような対策を行なうと効果的に蜂除けができます。ベランダや玄関の軒下などは蜂が巣を作りやすい場所なので、こまめに点検して駆除が必要であれば、早めに蜂退治を行ないましょう。

柔軟剤を変えて蜂対策

蜂は柔軟剤の中でも特にフローラル系やフルーティー系の香りに集まってきます。蜂には逆に嫌いな香りもあるので、それを活かすと蜂除けができるのです。蜂を含め多くの害虫が嫌う香りとして、ローズマリーやペパーミントなどがあります。最近はハーバル系の香りを使った柔軟剤や洗剤も出ているため、そうしたアイテムを用いると良いでしょう。柔軟剤や洗剤にこだわりのある人は、是非ハーブを使ったアイテムを探してみて下さい。

TOPボタン